編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

「Microsoft Security Essentials」の更新、「Windows 7」有償延長サポートの対象外に

Catalin Cimpanu (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2019-12-16 11:36

 「Windows 7」のサポートが米国時間2020年1月14日に終了(EOS)した後、MicrosoftはWindows 7向けの「Microsoft Security Essentials」(MSE)の更新も停止する。

Microsoft Security Essentials

 Windows 7向けの有償の延長セキュリティ更新プログラム「Extended Security Updates」(ESU)を購入した企業も、特別な待遇を受けることはできないため、別のウイルス対策アプリに切り替える必要がある。

 ESUを購入した企業は、2020年1月14日以降も最大3年間、Windows 7セキュリティ更新プログラムを受け取ることができる。

 12月に入って更新されたESUのFAQページで、MicrosoftはESUの一環としてMSEのサポートを継続する計画はないと述べた。

 その理由について、MSEはWindows 7の一部ではなく、コアOSコンポーネントとはみなされていないからだとわれわれは説明を受けた。

 「Windows XP」以降、Microsoftは無償のウイルス対策プログラムとしてMSEをユーザーに提供しているが、MSEは常に個別のダウンロードとして提供されてきた。

 Microsoftが「Windows 8」でデフォルトのウイルス対策ソフトウェアとして「Windows Defender」を搭載し始めて以降、MSEは段階的に姿を消しているようだ。

 最近では、MSEをインストールするユーザーもほとんどいないとみられる。Defenderは現在最も優れたウイルス対策製品の1つとみられており、MSEより強力であるためだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]