編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

「Microsoft Security Essentials」の更新、「Windows 7」有償延長サポートの対象外に

Catalin Cimpanu (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2019-12-16 11:36

 「Windows 7」のサポートが米国時間2020年1月14日に終了(EOS)した後、MicrosoftはWindows 7向けの「Microsoft Security Essentials」(MSE)の更新も停止する。

Microsoft Security Essentials

 Windows 7向けの有償の延長セキュリティ更新プログラム「Extended Security Updates」(ESU)を購入した企業も、特別な待遇を受けることはできないため、別のウイルス対策アプリに切り替える必要がある。

 ESUを購入した企業は、2020年1月14日以降も最大3年間、Windows 7セキュリティ更新プログラムを受け取ることができる。

 12月に入って更新されたESUのFAQページで、MicrosoftはESUの一環としてMSEのサポートを継続する計画はないと述べた。

 その理由について、MSEはWindows 7の一部ではなく、コアOSコンポーネントとはみなされていないからだとわれわれは説明を受けた。

 「Windows XP」以降、Microsoftは無償のウイルス対策プログラムとしてMSEをユーザーに提供しているが、MSEは常に個別のダウンロードとして提供されてきた。

 Microsoftが「Windows 8」でデフォルトのウイルス対策ソフトウェアとして「Windows Defender」を搭載し始めて以降、MSEは段階的に姿を消しているようだ。

 最近では、MSEをインストールするユーザーもほとんどいないとみられる。Defenderは現在最も優れたウイルス対策製品の1つとみられており、MSEより強力であるためだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]