編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

マカフィー、新CEOを任命--BMC Softwareの元CEOピーター・リーブ氏

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2020-01-17 10:54

 サイバーセキュリティを手がけるMcAfeeは米国時間1月16日、最高経営責任者(CEO)Chris Young氏が2月3日付けでその職を退き、BMC Softwareの元CEOであるPeter Leav氏が後任に就くと発表した。Leav氏はPolycomやNCR、Motorolaの幹部を務めた経験があり、現在はBoxおよびProofpointの取締役会に名を連ねている。

 McAfeeは2017年にIntelから分社して以来、クラウドサービスに軸足を移しつつ、法人向けの製品ポートフォリオに焦点を当てたプラットフォームの構築に力を注いできている。

 Intelは2011年にMcAfeeを買収し、2014年にIntel Securityとリブランディングした。Intel Securityはその1年後に戦略を変更し、エンドポイントセキュリティとともに、脅威インテリジェンス、アナリティクス、オーケストレーションに再び焦点を当てるようになった。その後、投資会社TPG CapitalがIntelからMcAfeeの株式の51%を買い取ったことを機に、McAfeeはIntelから分社した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]