編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

楽天モバイル、通信クラウドインフラに自動化アクティブサービスを導入

NO BUDGET

2020-01-22 10:24

 楽天モバイルは、自社の通信クラウドインフラにNetroundsのサービス品質管理ソリューションを採用した。Netrounds Japanが1月21日に発表した。

 楽天モバイルは通信ネットワークを完全に仮想化した“クラウドネイティブネットワーク”を早期に構築するため、Netroundsのアクティブテスト/アシュアランスソリューションを採用した。これにより、アクティベーションテスト、継続的なアクティブモニタリングからトラブルシューティングまで、品質保証プロセスにおいてライフサイクル全般にわたり自動化することが可能となる。

 今回の採用で、ネットワークサービスのテスト、モニタリング、トラブルシューティングをゼロタッチで実行するだけでなく、 顧客の振る舞いを模倣したマルチドメインのトラフィックを生成したり、軽量なソフトウェアベースのテストエージェントにより、ネットワークエッジからクラウドまで全ての領域をカバーすることも可能となる。

 楽天モバイルではこうした機能を活用することにより、モバイルバックホールが中央データセンターから無線基地局まで最適に機能することを保証できるようになり、またモバイルバックホール全体にわたりデータプレーンパスの問題を隔離することによる迅速なトラブルシューティングが可能となる。さらに内部のデータセンター間のパフォーマンスを測定することにより、完全なハンドオーバーエクスペリエンスを実装できる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]