編集部からのお知らせ
新着PDF:商用5G活用を考える
テレワーク関連記事一覧はこちら
調査

国内社会インフラIT市場規模は約6000億円--矢野経済研究所調べ

ZDNet Japan Staff

2020-02-25 14:07

 矢野経済研究所は、2018年度の国内社会インフラIT市場規模が前年度比1.2%増の6080億円だったとする調査結果を発表した。同市場では2024年度頃にITソリューションビジネスが本格化する見通しだとしている。

 社会インフラIT市場は、道路や鉄道、空港、港湾、河川、ダム関連、上下水道/浄水場などの水関連、防災・消防・警察関連の8分野におけるIT関連事業を対象とする。同市場の規模(インフラ運営事業者の発注金額ベース)は、2018年度は2017年度から増加に転じ、分野別では防災・消防・警察が伸長、道路や鉄道も堅調に推移した。水関連や空港は減少した。2019年度は道路、鉄道、防災・消防・警察分野は引き続き堅調に推移し、1.0%増の6140億円を予測している。

(出典:矢野経済研究所)
(出典:矢野経済研究所)

 ITによる社会インフラ管理は、現状でほぼレガシーなシステム上で行われており、新たに作業現場を支援するなどの社会インフラ向けITソリューション(IoTや人工知能、拡張現実/仮想現実、ドローン)の市場規模は約50億円程度(社会インフラIT市場規模の1%未満)にとどまる見込みだという。

 同研究所は、今後も社会インフラIT市場が安定的に推移し、2024年度の市場規模は6020億円になると予測する。この間にレガシー型から新たなテクノロジーによるソリューションへの移行も進み、社会インフラ向けITソリューションが本格的に普及をし始めるのは2024年頃からだとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]