編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ
企業決算

デルのQ4決算、売上高は予想通り--法人向けPCなど好調、インフラ苦戦

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2020-02-28 10:29

 Dell Technologiesは米国時間2月27日、2020会計年度第4四半期決算(1月31日締め)を発表した。利益は予想を下回ったものの、売上高はほぼ予想通りという明暗入り交じった内容となった。

 同四半期の売上高は前年同期比1%増の240億ドル、利益は4億1600万ドル(1株あたり54セント)だった。また、非GAAPベースの利益は1株あたり2ドルだった。

 アナリスト予想では、売上高が240億ドル、非GAAPベースの利益が1株あたり2.02ドルとされていた。

 2020年通期の売上高は前年比2%増の922億ドル、純利益は55億ドル(1株あたり6.03ドル)となった。

 最高執行責任者(COO)Jeff Clarke氏は、事業や製品ポートフォリオを統合し、分かりやすさにフォーカスしたとし、「次のデジタルの10年」に向けて用意ができていると述べた。Dell Technologiesは、RSA部門を売却することを発表している。

 同四半期末時点での現金および投資の残高は102億ドルであり、2020会計年度通期における負債の返済額は50億ドルだった。

 部門別では、クライアントソリューショングループの売上高は、前年同期比8%増となる118億ドルだった。法人向けPCのアップグレードサイクルや、「Windows 7」のサポート終了が寄与したようだ。営業利益は6億2400万ドルだった。

Dell

 インフラソリューショングループの売上高は伸び悩み、前年同期比11%減となる88億ドルとなった。サーバー及びネットワーキング関連の売上高は19%減、ストレージ関連の売上高は3%減だった。営業利益は11億ドルだった。同社は、中国のサーバー市場と、米国及び欧州の大企業向けサーバー市場が軟調だったと述べた。なお、VMwareもDell Technologiesの業績に貢献している。Dell Technologiesは、VMwareをハイブリッドクラウド、データセンターアズアサービス、エンドユーザー戦略の要としている。

Dell

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]