マイクロソフト、リモートワークを支援する無料相談などを開始

ZDNet Japan Staff

2020-03-09 15:19

 日本マイクロソフトは3月9日、新型コロナウイルス対策に伴うリモートワークに関する無料の「セキュア リモートワーク相談窓口」を開設するなど、企業や教育機関などの事業継続においてITでの取り組みを中心にさまざまな支援を行うと発表した。

 セキュア リモートワーク相談窓口では、電話(0120-167-400、対応は月~金曜日の午前10時~午後5時)およびウェブを通じて、リモートワークやクラウドサービスに関する情報、セキュリティなどを確保した上で安全に実施するためのアドバイスなどを提供するほか、ガイドやコンテンツ、マニュアルなどのダウンロードが行える。電話窓口では、テクノロジーに詳しいスタッフが相談に応じる。

日本マイクロソフトが開設した「無料相談窓口」
日本マイクロソフトが開設した「無料相談窓口」

 併せて企業および教育機関向けに、リモートワークを支援するためのライセンスやサービスも無償提供する。

企業向け

 「Office 365 E1」を6カ月無償で提供。マイクロソフト認定プロフェッショナルトレーナーが「Microsoft Teams」のオンサイトトレーニングを無償提供。オンラインイベントを実施する「Microsoft Teams Live Eventサービス」の実施を支援。オンサイトトレーニングとLive Eventサービスは実施数に限りがある。

教育機関向け

 「Office 365 A1」を無償提供。マイクロソフト認定プロフェッショナルトレーナーが「Microsoft Teams」のオンサイトトレーニングを無償提供。オンラインイベントを実施する「Microsoft Teams Live Eventサービス」の実施を支援し、オンラインイベントの配信用機材としてSurfaceを無償貸出。オンサイトトレーニングとSurfaceは実施数に限りがある。

 同社代表取締役 社長の吉田仁志氏は、「日本マイクロソフト自身が実践しているリモートワークや、これまでの働き方改革のさまざまな取り組みで得た知見を生かし、顧客を支援させていただく。この困難な状況の中で、人々がイキイキと仕事に教育活動に従事できるよう、また、家庭においても安心して生活できる環境づくりに貢献したい」とのコメントも発表した。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]