WSL 2のLinuxカーネル更新、Windows Update経由に変更

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2020-03-16 10:32

 「Windows 10」のバージョン2004(Windows 10 20H1の機能アップデート)の配信がいつ始まってもおかしくない時期に入ってきた。最新バージョンの目玉の1つは「Windows Subsystem for Linux」のバージョン2(WSL 2)だが、Microsoftは、リリース直前の米国時間3月13日になって、WSL 2に大きな変更を加えたことを明らかにした。この変更の目的は「保守性」の改善だという。

 説明によれば、WSL 2ではWindowsのOSイメージからLinuxカーネルが削除され、Linuxカーネルのアップデートは「Windows Update」経由で配信されるようになる。ユーザーは、「更新プログラムのチェック」ボタンをクリックして新しいカーネルのアップデートがないかを手動で確認することもできるし、Windowsによって自動的に更新されるのを待つこともできる。

 MicrosoftでプログラムマネージャーのCraig Loewen氏は、13日のブログ記事で、「この変更の目的はシームレス化で、Linuxカーネルは、ユーザーが特に意識しなくても最新の状態に保たれるようになる。デフォルトの状態では、通常の更新プログラムと同じように、Windowsによって全ての更新が処理される」と述べている。

 ただしLoewen氏は、当面の間、Windows 10 2004のユーザーやWindows Insiderのスローリング向けプレビュービルドを利用するテスターは、Linuxカーネルを手動でインストールする必要があると述べている。同氏によれば、更新のインストールと保守を自動的に行う機能を追加するアップデートが「数カ月」以内に配信されるという(実際には、スローリングのテスターに対して、WSL2の保守に関する変更内容を含む新しいWindows 10 2004のテストビルド「19041.153」が13日に配信されている)。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]