編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧
新型コロナウイルス関連

新型コロナに乗じたハッキング、英米のセキュリティ当局が警告

Laura Hautala (CNET News) 翻訳校正: 桑井章裕 長谷睦 (ガリレオ)

2020-04-09 10:56

 新型コロナウイルスのパンデミックに乗じて、インターネット利用者を標的にしたハッキングが起きているとして、現地時間4月8日、2つのサイバーセキュリティ当局が警告を発した。英国立サイバーセキュリティーセンター(NCSC)と米サイバーセキュリティインフラセキュリティ庁(CISA)は共同声明を発表し、今回のパンデミックはサイバー犯罪者や国家の支援を受けたハッカーにとっては魅力的な武器であり、これらの犯罪者が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)によって引き起こされた恐怖や不安に乗じて、人々をだます恐れがあると警告した。

キーボードとスマートフォン
提供:Angela Lang/CNET

 「現在のCOVID-19パンデミックに乗じて、自分たちの狙いを達成しようとする悪意を持ったサイバー攻撃者が増加している」と、両組織は共同声明で警告した。

 だからと言って、ハッカーによるハッキング行為が増えているとは断言できない。一部のサイバーセキュリティ企業は、ハッキングが全体的に活発になっていると報告しているが、8日の時点で、英米の両組織は、ハッキング活動のレベル自体は従来と変わらないと述べている。これはMicrosoftとの見解とも一致する。ただし、ハッカーがインターネット利用者を標的にする方法には、変化が見られるという。

 「ストレスレベルが高まっているため、多くの人がよく確かめずにクリックしていることをハッカーは知っており、それを利用している」と、Microsoft 365 Security部門のコーポレートバイスプレジデントRob Lefferts氏は、ブログへの投稿で指摘している。

 今回の英米のセキュリティ当局からの勧告には、新型コロナウイルス関連のハッキングの兆候があった、2500カ所以上のデータポイントをまとめたリストが添付されている。この情報は、コンピューターシステムを守る立場にある人たちが、システムに侵入しようとするハッカーの兆候を見つける際の手がかりとして用いることを意図して掲載された。両組織は、このリストは「完全なものではない」とし、パンデミックの状況は刻一刻と変化しており、ハッカーがこの感染拡大を悪用しようとする方法も日々変わっていく可能性があると、注意を促している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]