編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

カクイチ、AIで農業を可視化--農作物の収穫拡大と品質向上を狙う

NO BUDGET

2020-04-15 13:19

 カクイチは、農業事業者に適確にアドバイスを行うシステムとスマートフォンアプリを構築し、4月に運用を開始した。

 このシステムは、農園やビニールハウスに取り付けたセンサーから収集した、照度、湿度、気温、土壌の水分、地中温などのデータを収集・蓄積し、人工知能(AI)で時系列の因果関係を分析する。その分析によって可視化された、最適な散水のタイミングやバルブの設定をもとにナノバブルウォーターを散水することにより、農作物の収穫量や品質の向上が可能になる。

AIによる「農業の見える化」システム
AIによる「農業の見える化」システム

 カクイチは、以前からナノバブルウォーターとITを活用したアクアソリューション事業を進めており、今回開発したシステムのデータ分析モデルの作成には、統合分析プラットフォーム「Watson Studio」を活用している。Watson Studioは、IBM Cloud上でデータ準備からAIモデル開発までシームレスに使えることが着目され採用された。

 また分析された結果を表示・管理するためのスマートフォンアプリの構築では、スタートアップのようなイノベーション創出を支援する「IBM Garage」のアプローチを採用した。IBM Garageでは、アプリの発想から構築について、アイデアの創出から、PoC(概念実証)、顧客実証実験までをアジャイルに繰り返し、カクイチの農業専門家と日本IBMのAI専門家が一体となり開発に取り組んだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]