「Office 365」に「全員に返信」メールストームを防止する新機能

Catalin Cimpanu (ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2020-05-11 10:47

 Microsoftは先ごろ、IT担当者が「Reply-All email storms(全員に返信メールストーム)」を検出・阻止するOffice 365の新機能「Reply All Storm Protection」の提供を開始した。

Microsoft
提供:Microsoft

 これは、従業員が「Reply-All(全員に返信)」オプションを使って大量の電子メールを送信する状況(例えば、全社的な通知)を指す。

 電子メールチェーンに大勢の受信者が含まれ、複数の従業員が「全員に返信」ボタンを押した場合、その後に続くイベントによって大量のトラフィックが生成され、電子メールサーバーの速度低下やクラッシュが発生する。

 そのようなイベントは極めて頻繁に発生する。そして、いつかの時点で、従業員がふざけて「全員に返信」ストームに参加して、それを増幅させ、企業の電子メールサーバーがダウンしてしまうだろう。

 Microsoftもそのようなインシデントを既に2回経験している(1回目は2019年1月、2回目は2020年3月に発生した)。Microsoftの「全員に返信」メールストームでは、5万2000人以上の従業員が関与し、同社の社内通信に数時間の障害が発生した。

 2019年の「Microsoft Ignite」カンファレンスにおいて、同社はOffice 365の「Exchange」メールサーバーで「全員に返信」メールストームを防止する機能の開発に取り組むことを発表した。

 先週、世界中の全てのOffice 365ユーザーを対象に、この機能の提供が開始された。Microsoftによると、現行の「Reply All Storm Protection」機能では、5000人以上の受信者が含まれ、過去60分間に10を超える「全員に返信」シーケンスを生成した電子メールスレッドを全てブロックするという。

 この機能がトリガーされると、「Exchange Online」はその後4時間にわたって電子メールスレッド内の全ての返信をブロックすることにより、サーバーが実際の電子メールを優先的に処理して「全員に返信」ストームを阻止できるように支援する。

 Microsoftは、今後もこの機能の開発に取り組んでいくと述べ、Exchange管理者が独自のストーム検出基準を設定できるようにコントロールを追加することを約束した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]