編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「IBM分社のキンドリル」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

秋田、県と市のコロナ相談センターにCTI--内容を記録して共有、テキスト化

藤代格 (編集部)

2020-05-15 06:45

 秋田県と秋田市が共同設置するコールセンター「新型コロナウイルス感染症に関するあきた帰国者・接触者相談センター」が、コンピューター電話統合(CTI)サービス「カイクラ」を導入。5月1日から利用しているという。5月14日、サービスを開発、提供するシンカ(新宿区)が発表した。

 2015年12月から東日本電信電話(NTT東日本)の受託商品となっており、回線とセットで短い準備期間で導入可能。

 問い合わせ件数、内容などを記録、対応人員間で共有できるほか、通話の録音、内容の自動テキスト化が可能。把握、その後の電話対応に生かせる点なども評価したとしている。

録音、テキスト化イメージ(出典:シンカ)
録音、テキスト化イメージ(出典:シンカ)

 カイクラは、2014年8月から「おもてなし電話」として提供。2019年11月に現名称へ変更している。

 着信時にPC、タブレットなどに表示する項目は自由に設定可能。顧客データはCSVでインポート、エクスポートできるほか、顧客管理、営業支援、名刺管理システムなどとの連携もできる。

着信時の表示画面イメージ(出典:シンカ)
着信時の表示画面イメージ(出典:シンカ)
連携サービス例(出典:シンカ)
連携サービス例(出典:シンカ)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]