編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

ミランティス、「Docker Enterprise 3.1」のGA発表--買収後初のメジャーリリース

Steven J. Vaughan-Nichols (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2020-06-01 11:20

 Mirantisは米国時間5月28日、「Docker Enterprise 3.1」のリリースを発表した。同社が11月に「Docker Enterprise」プラットフォーム事業を買収して以来、初のメジャーリリースとなる。買収前、Dockerは「Docker」コンテナーのテクノロジーを実用的な事業にしようと長年にわたって苦心していた。

 Docker Enterprise 3.1はコンテナーオーケストレーションに「Kubernetes 1.17」を使用しており、安定性の向上とともに、スケジューラーの機能向上や、「Windows」のサポートなどを実現している。今バージョンから、クラスター管理者によるDocker Enterpriseクラスターへの「Windows Server 2019」ノードの追加が容易になっている。

 こうしたノードの追加は、「Kubernetes」クラスターが「Docker Universal Control Plane(UCP)」によって管理されている場合に可能となる。また、「Windows Server」ノードとLinuxノードが混在しているクラスターのノード上でPodが実行されている場合、相互運用が可能になる。エンドユーザーは、Kubernetesを用いてWindowsコンテナーのオーケストレーションを行えるようになる。

 さらにDocker Enterprise 3.1では、人工知能(AI)や機械学習(ML)といった用途のアプリ/プログラミングに向けた、NVIDIA製GPUのサポートも追加されている。これは、あらかじめインストールされているデバイスのプラグインを用いて実現される。ユーザーは、Docker UCP内のGPUノードを視覚的に把握できるとともに、GPUに対してYAMLによる標準的なPod記述を通じて要求を出したり、アクセス制御や共有リソース関連のGPUポリシーを生成できるようになる。

 Docker Enterprise 3.1によって、「Istio Ingress」ネットワークサービスメッシュの配備がより容易になる。管理者はボタンをクリックするだけで、「Istio Ingress for Kubernetes」クラスターを有効化できる。

 このリリースの契約面に目を向けると、Docker Enterprise 3.1ではサービスレベル合意書(SLA)の充実化が図られており、多くのミッションクリティカルなワークロードに対応できるようになっている。また、すべてのDocker Enterprise顧客向けに新たなサポートオプション「LabCare」「ProdCare」「OpsCare」が導入されている。

 今まで利用可能だった最大のサポートレベルは、「Severity 1」と呼ばれるケースでの24時間365日サポートというものだった。ProdCareによって、顧客はすべてのケースで24時間365日というサポートを得られるようになる。またOpsCareによって、顧客は拡張SLAを締結することで自社環境に対するリモート運用管理が得られるようになるほか、専用のカスタマーサクセスマネージャーや、プロアクティブな監視/警告、継続的なヘルスチェックやレビューのための専用リソースを得られるようになる。

 Mirantisの共同創業者で最高経営責任者(CEO)のAdrian Ionel氏は「750社におよぶ顧客が、モダンなアプリを企業規模で構築/稼働させる上での最速の手段としてDocker Enterpriseを採用している」とした上で、「Docker Enterprise 3.1は、WindowsユーザーにKubernetesが持つ最高の機能を提供するとともに、ミッションクリティカルなアプリケーション向けのSLAを用意することで、その約束をさらに強固なものにする」と述べた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]