みずほFG、学習管理システムを導入--従業員5万8000人のキャリア設計を支援

NO BUDGET

2020-06-12 13:32

 みずほフィナンシャルグループ(FG)は、グループ従業員5万8000人のキャリアデザイン支援に、コーナーストーンオンデマンドジャパンの学習管理システム(LMS)を導入した。同システムは5月29日から稼働しており、日立製作所と日立システムズがシステム構築を担当した。

 コーナーストーンのLMSは、従業員一人ひとりのニーズや志向に合った学習コンテンツを人工知能(AI)が推奨し、提供することなどが高い評価を得ている。また学習コンテンツの質についても従業員の声・評価を反映し、魅力的なコンテンツでビジネスや従業員のキャリアデザインに貢献できるとしている。コミュニティー形成やつながり作りによるコラボレーションラーニングで従業員同士の学び合いを促進するといった特徴がある。

 みずほFGでは、現在のデジタル化や少子高齢化、グローバル化等の経済・産業・社会の構造変化に対応するため、ビジネスモデルの変革を進めている。その一環としてキャリアデザイン支援に取り組むことになり、全く新しいデジタルラーニングプラットフォームが必要と判断され、今回の採用に至った。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]