編集部からのお知らせ
新着記事まとめは「AIトレンド」
推奨:「NTT再編」関連の記事まとめPDF

「Google Meet」が「Gmail」モバイルアプリで利用可能に

Asha Barbaschow (ZDNet.com) 翻訳校正: Crowd Power Partners 編集部

2020-06-18 14:11

 Googleは米国時間6月16日、ビデオ会議ツール「Meet」が「Gmail」のモバイルアプリで利用可能になると発表した。

Google
提供:Google

 この機能はこれまで、Gmailデスクトップ版でのみで利用可能だったが、スマートフォンの受信トレイから直接、ビデオ会議に参加できるようになる。

 Googleのプロダクトマネージャー、Erika Yamasaki氏はブログで、「今後数週間のうちにスマートフォンのGmailアプリに新たにMeet用のタブが表示されるようになると、Googleカレンダーで近日予定されている会議を確認できるようになる。1回タップするだけで簡単に会議に参加できる」と説明している。

 Meetのタブから、「New meeting」をタップして会議を開始できるほか、共有する会議のリンクを取得したり、Googleカレンダーで会議をスケジュールしたりすることが可能になる。

 「Join with a code」を選択すれば、コードを使用してミーティングに参加することもできる。

 同氏はまた、「MeetをGmailアプリのタブとして表示したくない場合は、受信トレイの左上隅にあるハンバーガーメニューから設定にアクセスし、アカウントをタップしてスクロールし、Meetのチェックをオフにすればよい」としている。

 Google Meetは法人向けに提供されていたが、現在は個人でも「meet.google.com」あるいはiOS、Androidで利用可能になっている

 Googleは、新型コロナウイルス感染症のパンデミックが発生したことで、在宅で過ごす人々によるMeetの利用量が急増していると述べていた

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]