編集部からのお知らせ
新着:記事選集「エッジコンピューティング」
PDF Report at ZDNet:「文章を書くAI」

ノリタケカンパニー、グループ企業の基幹システムにIBM Cloudを採用

ZDNet Japan Staff

2020-06-23 14:13

 日本IBMは6月23日、研削・研磨工具メーカーのノリタケカンパニーリミテドがグループ企業のIT基盤に「IBM Cloud」を採用したと発表した。4月から順次運用を開始している。

 ノリタケでは、必要な資源を素早く調達できるクラウドでのグループのIT基盤構築を検討していたという。日本IBMとはインフラ計画のセッションを実施し、現在の基盤を段階的にクラウドへ移行することを決定した。IBM Cloudの採用は、クラウドデータセンター間の通信を追加費用なく利用できる点を評価したといい、国内の新規サーバーに次いで米国の新規サーバーのIT基盤とし、東京およびワシントンのクラウドセンターを採用した。

 最初の段階では、米国に設置されたサーバーのクラウド移行を計画している。これによって監視やバックアップといったインフラの運用性が向上し、より低コストで柔軟な運用が可能になるとする。次の段階では、アプリケーションの変更や再構築が必要なITシステムを移行し、日本IBMの開発アウトソーシングサービスを利用して、移行時に可能なモダナイゼーションを実施するとしている。

 ノリタケは、今後新規に調達するサーバーを原則としてIBM Cloud上に構築する方針だという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]