編集部からのお知らせ
令和時代のCIOとは?
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

中部電力PG、オラクルのサービス活用で700万台のスマートメーターを設置

NO BUDGET

2020-06-24 06:00

 中部電力パワーグリッドは、日本オラクルの公益業界向けメーター・データ管理アプリケーション「Oracle Meter Data Management(MDM)」を導入し、700万台のスマートメーターも設置した。同社は2023年までに1000万の住宅および商業施設と連携することを目標にしたプロジェクトを推進中だ。

 同社は、2013年のスマートメータープログラムの発足時に、世界各地でスマートメーターの設置に成功してきた実績に基づいてOracleの公益業界向けソリューション「Oracle Utilities」を選定した。さらに、スマートメーターの設置数を700万台から1000万台へと拡大する上で「Oracle MDM」を新規バージョンへとアップグレードしていく。

 スマートメーターのデータを活用することで、中部地方の電力小売事業者が料金計算や柔軟な価格設定などのサービスを継続的に向上できる。これには、顧客による電力の効率的な利用をサポートし、需要ピーク時の電力負荷を削減するための時間帯別(TOU)料金の導入が含まれる。

 また同社は、「Oracle Utilities Smart Grid Gateway(SGG)」を利用して、高度メーターインフラストラクチャー(AMI)データを一元化し、電力アプリケーションおよびスマートグリッド/デバイス間の共通接続を実現している。電力小売事業者の顧客情報システムに一定の間隔で流れるデータを利用することで、顧客への課金を合理化することができるという。また中部電力パワーグリッドは、スマートメーターにコマンドをリモート送信することで、家庭へのサービスの接続/切断や電力負荷制限の設定などの操作を、現場作業員を派遣せずに行うことができるようになった。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]