新市場誕生か、ブイキューブが「ウェブ会議+CRM」でオンライン営業を支援 - (page 2)

松岡功

2020-06-25 07:00

オンライン営業支援へ「ウェブ会議+CRM」市場が誕生か

 以上が、発表の概要だが、今回この新サービスを取り上げたのは、ウィズコロナで在宅勤務が続く中、オンラインの営業活動として効果を上げていくための発想として、「ウェブ会議とCRMの連携」を打ち出しているからだ。

 ブイキューブの場合、オンライン営業向けのウェブ会議サービスであるV-CUBEセールスプラスをSalesforceに連携させやすかったところがあるかもしれない。ただ、元は同社の主力サービスであるウェブ会議「V-CUBE」である。

 ウェブ会議はコロナ騒動でリモートワークが広がるにつれ、一躍注目を集めるITツールになった。グローバルで大ヒット商品となった「Zoom」がその象徴だ。さらに「Microsoft Teams」「Cisco Webex」「Google Meet」といった大手ITベンダーの商品もひしめき合う激戦市場となっている。

 今回のブイキューブの新サービスが引き金となり、今後「ウェブ会議+CRM」の実現に向けた提携話が相次いで持ち上がるのではないか。その意味では、自社でCRMも手がけているMicrosoftが連携したサービスをいち早く打ち出してくる可能性が高い。

 また、ZoomにはさまざまなCRMからラブコールがかかるだろう。筆者が注目するのは、ZoomとSalesforceが連携するかどうかだ。そうなると、インパクトは大きい。

 もちろん、ブイキューブのV-CUBEも有力なウェブ会議の1つだけに、今回の新サービスはオンライン営業の支援へのさらなる注力ぶりがうかがえる。それもさることながら、今回の動きはオンライン営業支援に向けて「ウェブ会議+CRM」という新しい市場が立ち上がり始めた“号砲”なのではないだろうか。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]