編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit 2020」開催します!
新着記事まとめ:エッジコンピューティング

キヤノンS&S、ラックのセキュリティ情報を加味したUTMを発売

ZDNet Japan Staff

2020-06-24 12:28

 キヤノンシステムアンドサポート(S&S)は、同社が販売するフォーティネット製のUTM(統合脅威管理)のセキュリティアプライアンスに、ラックのセキュリティ情報を加味して脅威を監視する新モデル「SecuritySuite JL」を追加し、7月1日に発売すると発表した。

 SecuritySuite JLは、フォーティネットのセキュリティ情報に加えて、ラックが配信するセキュリティ脅威情報データベース「JLIST」も利用する。UTMにはファイアウォール、ウイルス対策、VPN接続、不正侵入防止(IPS)、アプリケーション制御、ウェブフィルタリングのセキュリティ機能があり、JLISTも利用して脅威の検知対応能力を強化する。

 まずは「FortiGate60F・SecuritySuite JL」(税別参考価格29万7000円から)と「FortiGate100F・SecuritySuite JL」(同96万4000円から)の2機種を発売し、今後は「Fシリーズ」以降の全機種で対応していくという。

 S&Sと親会社のキヤノンマーケティングジャパンは、これまでにフォーティネット製のセキュリティアプライアンスを累計約7万8000台販売しているといい、新モデルの追加で3000台以上販売する計画だとしている。

機能イメージ
機能イメージ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]