編集部からのお知らせ
(記事集)ニューノーマルで伸びる業界
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧
調査

IDC、2020年の国内ICT市場予測を5.3%減に上方修正

ZDNet Japan Staff

2020-07-06 15:06

 IDC Japanは7月6日、新型コロナウイルス感染症の影響を考慮した国内ICT市場予測を修正し、2020年の同市場(支出額ベース)が前年比5.3%減の27兆5927億円になると発表した。5月時点では6.1%減(27兆8357億円)、4月時点では4.5%減(28兆2155億円)と予測していた。

 今回の予測は6月末の状況を踏まえ、「2020年前半に国内外で新型コロナウイルスの感染がいったん抑制され経済活動が正常化した後も、局地的に感染が再発して回復の阻害要因となるものの、一部の先進企業を中心にデジタルトランスフォーメーション(DX)への投資が活性化し、景気対策の一環として政府によるICT投資が選択的に行われること」が前提という。

 製品セグメントごとの前年比市場成長率は、スマートフォン/PC/タブレットなどのデバイスがマイナス20.8%(前回予測比3.5ポイント増)、サーバー/ストレージ/IaaS/ネットワークなどのインフラストラクチャーがマイナス2.9%(同1.0ポイント増)、ソフトウェアがマイナス0.8%(同1.4ポイント減)、ITサービスがマイナス3.0%(同0.2ポイント減)、テレコムサービスがマイナス0.5%(同0.7ポイント増)を予測している。

 デバイスとインフラストラクチャーのハードウェア市場は、サプライチェーンの混乱が改善しつつあることや、政府の推進する「GIGAスクール」構想、企業などのテレワークの進展に伴う需要の回復を織り込んだ。プロジェクトに依存性の少ないマネージドサービスを提供するITサービスの影響は軽微で、テレワークの進展からテレコムサービスも改善を見込む。一方でソフトウェアは、クラウドサービスが堅調なもののオンプレミス中心のプロジェクトの延期/中止がさらに進んでいるため前回予想を下方修正した。

 なお、企業や政府、消費者レベルでデジタルトランスフォーメーション(DX)投資が活性化されるという楽観的なシナリオを想定した場合は、2020年の前年比成長率がマイナス4.1%程度に収まるという。しかし、世界主要地域全般レベルで感染が抑制されず経済活動も正常化しないという悲観的なシナリオではマイナス9.5%かそれよりも大きな落ち込みが想定されるという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]