アダストリア、AIチャットボットを導入--従業員からの質問対応に活用

大場みのり (編集部)

2020-07-08 07:00

 アパレル企業のアダストリアは6月、人工知能(AI)を活用したチャットボットサービス「hitTO(ヒット)」を導入した。同サービスを提供するジェナが7月7日に発表した。

 アダストリアでは、店舗や本部スタッフから情報システム部、人事部、総務部、経理部に寄せられる定型質問への対応にhitTOを活用している。

 同社 デジタル化推進部の担当者は「デジタル化の一環として2019年にAIチャットボットを導入したが、利用状況の把握やシナリオ修正がしづらいといった課題があり、チャットボットの回答精度向上に時間がかかっていた。チャットボットの利用率や従業員の満足度を向上させるには、チャットボットの改善を短いサイクルで行えることが重要だと判断し、AIチャットボットの再選定を開始した」と説明する。

 そしてアダストリアは、利用状況の分析やAIへの学習といった運用を自社で完結できる管理画面と、導入後のサポート体制を評価し、hitTOを導入した。その結果、回答精度が向上したほか、ジェナは社内にAIチャットボットを浸透させるための啓もう活動も支援しているという。

ユーザー側のチャット画面例(出典:ジェナ)
ユーザー側のチャット画面例(出典:ジェナ)

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 経営

    ヒヤリハット管理--トラブル防止のデジタル化でもたらされるメリットとは?具体的なイメージを紹介

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]