編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

中外製薬、データ活用基盤にAWS採用--デジタル活用で新たな医薬品の創出へ

大場みのり (編集部)

2020-07-16 11:00

 アマゾン ウェブ サービス ジャパン(AWS ジャパン)と中外製薬は7月15日、製薬業界におけるデジタル変革(DX)の取り組みについて、オンラインで説明会を開催した。中外製薬は、自社のデータ活用基盤「Chugai Scientific Infrastructure(CSI)」にAWSのクラウドサービスを採用している。

 同社はがん領域の医薬品を中心に手がけており、国内では2019年時点で16.4%とトップシェアだという。2019年に中期経営計画「IBI(Innovation Beyond Imagination)21」を開始し、その戦略の1つとして「個別化医療の高度化」を掲げている。具体的には、デジタル技術を活用して個々の患者に適した治療を行うとともに、それを可能にする医薬品を開発していくという。

(出典:中外製薬) (出典:中外製薬)
※クリックすると拡大画像が見られます

 また2019年10月には「CHUGAI DIGITAL VISION 2030」として、経営方針に基づいたデジタル戦略を明らかにしている。この戦略について、中外製薬 執行役員デジタル・IT統轄部門長の志済聡子氏は「まずはデジタルを活用し、革新的な医薬品を創出する。そしてその投資を最大化するためにも、研究から開発、生産、営業に至るまで、あらゆるバリューチェーンを効率化していく。こうした取り組みにより、Unmet Medical Needs(まだ治療法が見つかっていない疾患に対するニーズ)を満たしたり、患者のQOL(Quality of Life)を向上させたりすることにつなげていきたい」と説明した。

 新薬創出の取り組みでは特に、AI(人工知能)を活用した創薬、RWD(Real World Data:日常的な診療で収集されるデータ)/RWE(Real World Evidence:RWDから導かれること)による開発プロセスの革新、デジタルバイオマーカー(デジタルデバイスから取得される人体についての指標)を用いた臨床成果の可視化を目指すとしている。

(出典:中外製薬) (出典:中外製薬)
※クリックすると拡大画像が見られます

 CSIは、大容量のデータを安全に利用・移動・保管するためのIT基盤。同基盤により、社内データの部門横断的な活用、病院など社外との共同研究プロジェクト、データの安全な取り扱いなどが可能になるという。中外製薬は、2020年末までに社外の研究者と100件の共同研究プロジェクトを運用できる研究開発環境をCSIに整備することを計画している。

 同基盤ではAWSのほか、構成管理ツール「Ansible」、プロジェクト管理ツール「Atlassian Jira」、ソースコード管理ツール「GitHub」が利用されている。AWSを採用した理由について、志済氏は「技術志向で選んだ」と説明。具体的には、「他のクラウドサービスと比べてログ取得のレベルが深く細かい」「コストが毎年下がっていく」「情報が広く公開されており活用することができる」、という点を評価したという。

 CSIの活用例としては、医療機関などのパートナーから取り扱いが難しいデータの受け渡しを大容量かつ安全に行う。また、収集したデータを基にさまざまな解析や協業に取り組むとしている。

 同説明会には、AWS ジャパン 技術統括本部長 執行役員の岡嵜禎氏も登壇。同氏は「CSIに求められる主な要件は、AWSのテクノロジーによって解決できる」と話した。例えば、共同研究先からのID・アクセス管理には、共同研究ごとの専用環境と多要素認証を提供。また、外部との安全なデータ転送・共有には、ネットワーク・データ転送関連のサービス群があるほか、やりとりを可視化するログ機能も用意しているという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]