加賀市、電子申請サービスを導入--トラストバンクとxIDのツールを連携

大場みのり (編集部)

2020-08-13 17:55

 ふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」を運営するトラストバンクは8月12日、エストニアと日本を拠点とする企業のxIDと共同で、行政手続きをデジタル化するツール「LoGoフォーム電子申請」を石川県加賀市に提供したと発表した。同ツールの提供は全国で初めてで、今後は他の自治体にも展開していくという。

 LoGoフォーム電子申請では「対面・紙・はんこ」に頼ることなく、マイナンバーカードを活用して本人確認が必要な行政手続きを行うことができる。住民は時間や場所を問わず、さまざまな行政手続きが可能となり、「役所へ行くために休みを取る」「窓口で順番が来るのを待つ」といった必要がなくなるという。

 同ツールは、トラストバンクの行政申請フォーム作成ツール「LoGoフォーム」と、xIDの身分証アプリケーション「xID」がAPI(アプリケーションプログラミングインターフェース)連携したもの。LoGoフォームは、自治体職員がウェブフォームをノーコードで作成したり、結果を集計したりできるツール。LGWAN(総合行政ネットワーク)とインターネットの両方で利用することが可能となっている。

LoGoフォーム(出典:トラストバンク)
LoGoフォーム(出典:トラストバンク)

 xIDは、マイナンバーカードと連携することで、デジタル上で手軽に本人認証ができるアプリケーション。マイナンバーカードの基本情報(氏名、住所、性別、生年月日)をスマートフォンの近距離無線通信(NFC)で読み取ることで、同アプリケーションと連携したサービスでは、個人情報を入力したり身分証を使用したりすることなく本人確認、電子認証、電子署名が可能となる。トラストバンクとxIDは5月に業務提携し、LoGoフォーム電子申請の構築を進めてきた。

xID(出典:トラストバンク)
xID(出典:トラストバンク)

 加賀市ではまず、人間ドック助成金申請といった一部の行政申請をオンライン化し、対象の申請範囲を順次拡大することを予定している。ユーザーはNFC機能が搭載されたスマートフォンにxIDをダウンロードし、マイナンバーカードを読み込むことで、LoGoフォーム電子申請を利用することができる。

LoGoフォーム電子申請の利用フロー(出典:トラストバンク)
LoGoフォーム電子申請の利用フロー(出典:トラストバンク)

 これまで加賀市は、人口減少や高齢化が進む中、利便性の高い行政サービスの提供を進めてきたという。2020年からは、デジタル化の鍵となるマイナンバーカードの普及に向けてプロモーションを展開。その結果、加賀市におけるマイナンバーカードの普及率(交付件数と申請件数)は7月末時点で46%となったが、住民がマイナンバーカードを利用する場面は限られており、マイナンバーカードと連携した行政サービスの提供が急務だった。そのため今回、あらゆる行政手続きを簡単にオンライン化するLoGoフォーム電子申請を導入することに至ったとしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]