アドビ、「Adobe Acrobat for Box」提供-- Acrobat DCとBoxのクラウド連携を強化

NO BUDGET

2020-08-18 10:50

 アドビは、Acrobat DCとBoxのクラウド連携を強化した「Adobe Acrobat for Box」の提供を開始した。

 同サービスでは、PDFファイルや電子サインの作業をBoxで直接行うことができる。デスクトップにファイルをダウンロードすることなく、クラウド上で作業することが可能となる。

 IT管理者は、Boxの管理コンソールの「オン/オフ」で従業員の同機能へのアクセスを簡単に切り替えることができ、テレワークでも生産性を向上させることが期待される。

 その他の機能としては、 Acrobatのウェブビューワーから、検索・注釈ツールを備えた高精度PDFファイルの閲覧が可能となり、フォント、書式、レイアウトを維持した高品質PDFを生成できるようになった。削除、並べ替え、回転機能による既存PDFの修正・編集が可能で、PDF、Microsoft Office、画像、テキスト、Adobe Creative Cloudで作成したデザインファイルなど、複数の種類のファイルを一つにまとめて保管・配布できる。

 また、 PDFから、Word、Excel、PowerPoint、RTFなどの編集可能なファイルへ、フォント、書式、レイアウトを維持したままエクスポートすることが可能。さらにBoxでのファイルプレビュー時に表示されるコンテンツ連動型推奨アプリ表示機能「Box 推奨アプリ」から、Adobe Signへアクセスし、署名が必要な文書を送信・進行状況を追跡できるようになり、関連するBoxや第三者アプリケーションにおけるファイルのアクティビティーをまとめて表示する「Box アクティビティストリーム」で、電子サイン情報を取得することが可能となる。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]