編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「IBM分社のキンドリル」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

柔軟な働き方を阻害する“最後の砦”--シスコ、UCをプライベートクラウドで提供 - (page 2)

阿久津良和

2020-08-24 07:00

 同社は2019年11月からパブリッククラウドベースのPBXサービスである「Cisco Webex Calling」を提供。UCM Cloudは以前から政府向けサービスとして提供しており、欧米では2019年から提供を始めていたが、日本では今夏から提供を始めた。UCM Cloudの想定顧客は「1000ユーザー以上で、電話業務が中心となる業種。カスタマイズやサードパーティー製品の連携が必要な顧客」(泰道氏)

 利用可能な地域は日本を含めた60カ国以上のため、多国展開する企業による利用シーンにも合致するだろう。石黒氏はUCM Cloudの強みとして、「われわれは大企業から中堅中小企業まで展開しているため、セキュリティは妥協しない。そのため世界各国の規制に従い、ISO(国際標準化機構)などに準拠している」と説明した。

UCM Cloudの概要(出典:シスコ) UCM Cloudの概要(出典:シスコ)
※クリックすると拡大画像が見られます
UCM CloudとWebex Calling、UCMの違い(出典:シスコ) UCM CloudとWebex Calling、UCMの違い(出典:シスコ)
※クリックすると拡大画像が見られます

 また、昨年発表した「働き方改革支援 特別プラン」をリニューアルし、初年度に適用した特別価格を2年目以降(2021年7月24日まで)も継続する。さらにヘッドセットやテレワーク向けハードウェアを特別価格で提供するプランを2020年9月以降に発表する予定であることを明らかにした。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]