編集部からのお知らせ
動画セミナー「Security Trend Winter」公開中!
最新記事まとめ「ローカル5G」

「Android 11」公開--メッセージの「バブル」機能やプライバシー強化など

Jason Cipriani (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2020-09-09 12:54

 Googleは米国時間9月8日、「Android 11」の一般提供を開始したと発表した。同社はこの数カ月間でベータテストを重ね、この最新モバイルOSを改良してきた。

Android 11
提供:Google

 Android 11は同日より、一部の「Pixel」シリーズのほか、OnePlusや小米科技(シャオミ)、OPPO、realmeのデバイス向けに段階的に提供されている。

 Android 11で追加された主な機能をあらためて紹介しておく。

  • 「バブル」はアプリを都度切り替えることなくメッセージをやり取りできる機能だ。どのようなアプリを使用中であるかに関係なく、小型のアバターがその上に表示され続けるため、いつでも会話に戻ることができる。
  • 「Android」搭載スマートフォンの電源ボタンを長押しすることで、「Googleアシスタント」に接続されているスマートホームデバイスを表示できる。
  • メディアコントロールがクイック設定の近くに配置され、メディアを再生するデバイスを素早く切り替えられるようになった。
  • サードパーティーのアプリなどを使わずに、画面録画ができるようになった。

 また、Googleはプライバシー関係の変更も加えた。Android 11では、アプリに対してマイクやカメラ、位置情報へのアクセスを1度だけ許す機能が追加された。この機能を使うことで、アプリがこれらにアクセスしようとするたびに許可が求められ、その都度承認することになる。

 プライバシー関連として、しばらく使用していないアプリの権限をリセットするという機能もある。これにより、インストールしたが1度しか使用していないアプリによるバックグラウンドでの不必要なアクセスを抑止できるようになる。

 また企業ユーザー向けに、仕事用プロファイルと個人用プロファイルの取り扱い方法を改善し、仕事用プロファイルでは、IT管理者が個人用プロファイルのデータやアクティブティーを監視することなく、デバイスを管理できるようになる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]