編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit 2020」開催します!
新着記事まとめ:エッジコンピューティング

IBMとServiceNow、AIによるIT運用自動化に向け提携を拡大

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2020-10-16 09:40

 IBMとServiceNowは米国時間10月15日、両社の提携を拡大し、ServiceNowのサービス管理・運用可視化ツールを、人工知能(AI)によってIT運用を自動化するIBMの「Watson」ソフトウェアと連携させると発表した。

 この提携は、企業が社内で自動化を推進しようとする中で、IBMの「Watson AIOps」とServiceNowの「IT Service Management」および「IT Operations Management Visibility」を連携させるのが狙い。両社は2011年に提携を開始し、2018年には対象を拡大してサービスも含めるようになった。

 提携の下、両社はまず、ServiceNowのIT Service Managementのインシデントデータ履歴を利用して、Watson AIOpsのアルゴリズムを訓練する。企業が2つのプラットフォームを使って、通常のIT環境のベースラインを把握できるようにすることで、より素早く異常を特定できるようにしたい考えだ。

 IBMのクラウド統合担当バイスプレジデントのMichael Gilfix氏によると、AIOpsはServiceNowのワークフローに統合される。「ITが連携できる新たな環境を生み出す機会になる」(同氏)

 ServiceNowのITワークフロー担当シニアバイスプレジデントのPablo Stern氏は、IBMとの連携について、顧客がデジタル変革で必要な、新しいITインフラをサポートするものだと述べた。

 両社は共同で以下のことに取り組む。

  • ServiceNowのIT Service Management
  • ServiceNowのIT Operations Management Visibility
  • IBMのWatson AIOpsでIT環境の異常を検出、診断、対処
  • IBMは、ServiceNowの取り組みを拡大し、「Now Platform」のためにアドバイザリー、実装、マネージドサービスを提供

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]