編集部からのお知らせ
新着PDF:「Emotetの脅威」
新着記事まとめ「6G始動?」
調査

COVID-19発生以降、アジアの企業・組織でサイバー脅威が急増--シスコ調査

NO BUDGET

2020-11-04 16:14

 シスコは、アジア太平洋地域において、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に伴い、リモートワークに移行する中で、サイバー脅威に関する新たな調査「Future of Secure Remote Work Report(セキュアリモートワークの今後)」を実施した。

 これによると、企業/組織の69%がCOVID-19の発生以来、サイバー脅威や警告が25%以上増加したことを経験しており、その割合は、世界中でアジア太平洋地域が最多になっていると分かった。

 サイバー脅威や警告の増減について分からないと回答したのは6%にとどまり、リモートワークへの突然の大規模な移行により、企業/組織が直面している課題が浮き彫りになっている。

 同調査は、世界21市場にわたる3196人のIT関連の意思決定者からデータを収集/分析したもの。対象市場は、オーストラリア、ブラジル、カナダ、中国、フランス、ドイツ、香港、インド、インドネシア、イタリア、日本、マレーシア、メキシコ、フィリピン、シンガポール、韓国、台湾、タイ、英国、米国とベトナム。

 さらに、アジア太平洋地域における多くの企業/組織は、COVID-19発生当初、従業員のリモートワークへの移行を推進する準備ができていなかったと分かり、54%が移行する準備を「ある程度」していたのに対し、7%が準備していなかったと回答している。

 またリモートワーカーをサポートするサイバーセキュリティ上の最大の課題として、63%の回答者が「ユーザがオフィス外から接続している際に、ログイン方法、場所、時間に関係なく、IDと本人確認を確立する『安全なアクセス』」と答えた。

 そのほか、34%の企業/組織が、COVID-19の流行後も従業員の半分以上が引き続きリモートワークを続けると予想している。しかし一方で、企業/組織の61%が「従業員教育と意識の欠如が、リモートワーク向けのサイバーセキュリティプロトコルを強化する上で直面する最大の課題」と回答し、「管理するツールやソリューションが多過ぎる」が53%と続いている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]