編集部からのお知らせ
ダウンロード公開中「ITが取り組むべきプライバシー」
最新記事まとめ「医療IT」

ピュア・ストレージ、第2世代FlashArray//Cを発表

NO BUDGET

2020-11-05 08:24

 ピュア・ストレージは、第2世代のFlashArray//Cを発表した。同製品は、業界初のエンタープライズグレードのオールQLCストレージアレイで、エンタープライズクラスのパフォーマンスと機能をコスト効率よく提供する。

 24.7TBおよび業界最大級の49TB QLC DirectFlashモジュールにより、可能な限り低いTCO(総所有コスト)を実現し、バックアップやデータ保護、テスト/開発環境、ワークロード統合など、従来は回転ディスクや非効率的なハイブリッドソリューションに頼っていたユースケースでもオールフラッシュを利用できるようになる。

 ピュア・ストレージは、現代のビジネスではミッションクリティカルなものでも、容量重視のワークロードやアプリケーションであっても、あらゆるデータに迅速にアクセスする必要があるとしている。

 そのため製品構成では、容量重視のワークロードにはFlashArray//C、パフォーマンス重視のワークロードにはFlashArray//X、そしてクラウドではFlashアレイの機能を利用できるCloud Block Storeを使用するというように、全てのデータを1つのアジャイルデータサービスプラットフォームに格納できるように製品構成を拡充させている。

 オールQLC FlashArray//Cは、Pure1クラウドデータ管理、API自動化、AI(人工知能)ドリブンの予測サポートにより99.9999%以上の可用性を実現するように構築されており、エンタープライズ級のQLCは、ストレージクラスのメモリ、ウェアレベリングのソフトウェア、過剰なプロビジョニングなどを必要とせず、一貫した耐久性と持続的なパフォーマンスを提供する。

 また、FlashArray//XおよびFlashArray//Cではパフォーマンス指向および容量指向のすべてのユースケースにわたる完全なソリューションとして導入でき、人員配置やトレーニングの要件を大幅に削減し、ITの俊敏性を高める。

 FlashArray//Cは、ハードウェアとソフトウェアを無停止でアップグレードでき、データ移行が不要となるよう初めから設計されており、インフラストラクチャーを10年以上維持するための費用対効果の高い方法を提供するとする。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]