編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ

NVIDIAの第3四半期決算、データセンター事業は162%増

Tiernan Ray (ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)

2020-11-19 14:00

 NVIDIAは米国時間11月18日、2021会計年度第3四半期決算(10月25日締め)を発表した。アナリストの予想を上回った。株価は時間外取引でわずかに下落した。

 売上高は前年同期比57%増の47億3000万ドル、1株当たり利益は2.91ドルだった。

 アナリストは売上高を44億2000万ドル、1株当たり利益は2.58ドルと予想していた。

 データセンター事業の売上高は、前年同期比162%増の19億ドルとなった。ゲーム事業の売上高は37%増の22億7000万ドルだった。

 最高経営責任者(CEO)のJensen Huang氏は、「GeForce RTX GPU」に対する需要は「圧倒的だ」と述べた。

 NVIDIAの株価について強気の見方をしているWells FargoのAaron Rakers氏は18日、顧客向けのメモの中で、「投資家には、控えめに受け取られているデータセンター事業の売上高の変動(特に注目すべきなのは元Mellanoxの部門)に注目してもらいたい」と述べている。同氏は、Mellanox事業の6億1500万ドルを除くと、データセンターの中核事業による売上高は12億8600万ドルとなり、同氏独自の予想となる12億9200万ドルは下回ったとしている。

 NVIDIAは第4四半期について、売上高を48億ドル(プラスマイナス2%)と予想している。

 NVIDIAは、5月に発表した新世代のGPU「A100」シリーズの成功で波に乗っている。Huang氏は、クラウド企業がA100を「グローバルに採用している」と述べた。「また、当社の顧客はNVIDIAの技術を利用し、世界で最もよく知られている一部のAIサービスの本格的な運用に移行している」(Huang氏)

 16日には、メモリーを倍増したA100 80GB GPUのほか、新型AIワークステーション「DGX Station A100」を発表している。

 NVIDIAは現在、400億ドル(約4兆2500億円)規模となるArmの買収手続きを進めている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  2. 経営

    ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説

  3. 経営

    問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備

  4. ビジネスアプリケーション

    緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策

  5. ビジネスアプリケーション

    たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]