編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ

レッドハット新社長に元MS常務の岡玄樹氏が就任

ZDNet Japan Staff

2021-01-04 12:10

 レッドハットは1月4日、同日付で代表取締役社長に日本マイクロソフトの常務執行役員などを務めた岡玄樹氏が就任したと発表した。

レッドハット 代表取締役社長に就任した岡玄樹氏(提供:レッドハット)
レッドハット 代表取締役社長に就任した岡玄樹氏(提供:レッドハット)

 岡氏は、日本マイクロソフトでCOO(最高執行責任者)としてクラウドやSaaS、ビジネスアプリケーション、ハードウェアビジネスグループ、マーケティング、オペレーション、コーポレートソリューションセールス、競合分析、カスタマーエクスピリエンスおよび広報などの支援部門を含む日本事業を統括した。マイクロソフト以前は、リーマン・ブラザーズ、マッキンゼー・アンド・カンパニー米国ニューヨーク支社、ソフトバンク・グループのチーフ・グローバル・ストラテジスト役やアリペイ日本代表などの要職を歴任した。

 同社では、2020年9月に望月弘一氏(現・日本ヒューレット・パッカード社長)が退任して以降、米Red Hat アジア太平洋地域担当 シニアバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーのDirk-Peter van Leeuwen氏が暫定社長を務めていた。岡氏の就任により Leeuwen氏は、アジア太平洋地域担当 シニアバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーの業務を遂行するとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]