編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「IBM分社のキンドリル」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

レッドハットの望月社長が退任--暫定社長にルーウェン氏

藤本和彦 (編集部)

2020-09-01 12:33

暫定社長に就任したDirk-Peter van Leeuwen氏
暫定社長に就任したDirk-Peter van Leeuwen氏

 レッドハットは9月1日、代表取締役社長の望月弘一氏が8月31日付けで退任したと発表した。米Red Hat アジア太平洋地域担当 シニアバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーのDirk-Peter van Leeuwen氏が9月1日付けで日本法人の暫定社長に就任した。

 Leeuwen氏は2004年にRed Hatに入社し、ベルギー、オランダ、ルクセンブルクにおける事業の立ち上げに携わったのち、欧州中部全域や東欧を担当。2009年9月にシンガポールに赴任し、アジア太平洋地域と日本におけるシニアバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーとして、アジア太平洋地域全体のビジネス拡大、マーケティング、サービスを統括してきた。

 今回の人事により、Leeuwen氏は日本法人の暫定社長とアジア太平洋地域担当 シニアバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーを兼務する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]