編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

レッドハット、「BootHole」脆弱性へのフィックスで一部のシステムが起動不可に

Steven J. Vaughan-Nichols (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2020-07-31 09:57

 病気そのものよりも治療の方が悪影響を与えるというケースが時々ある。「GRUB2」ブートローダーや「Secure Boot」で最近発見された「BootHole」という脆弱性を用いることで、Linuxシステムへの攻撃が理論的には可能となる。しかし現実的には、BootHoleという脆弱性を悪用できるLinuxシステムは、既に攻撃者の手に落ちているもののみだ。とは言うものの、悪用されかねない脆弱性が存在しているのは事実であるため、ほぼ全てのエンタープライズ向けLinuxディストリビューターはパッチをリリースしてきている。ただ残念ながら、少なくともRed Hatは新たな問題を作り込んでしまったようだ。

 「Red Hat Enterprise Linux(RHEL)8.2」にパッチを適用した多くのユーザーが、システムを起動できなくなったと報告している。また、この問題は「RHEL 7.x」や「RHEL 8.x」が稼働するコンピューターでも発生しているようだ。とは言うものの、その影響はベアメタル上で稼働しているサーバーに限られると考えられる。実際、「Secure Boot」ファームウェアを用いていないRHELの仮想マシン(VM)は問題なく稼働している。

 この問題を抱えているのはRHELだけではない。「CentOS 7.x」や「CentOS 8.x」のユーザーも同じ問題を報告している。さらに、その他のLinuxディストリビューションでもBootHoleのブート問題が散発的に報告されている。

 Red HatのPSIRT(Product Security Incident Response Team)のディレクターであるPeter Allor氏は、修正作業が進行中だとした上で、筆者に対して次のように語った。

 「Red Hatは、BootHoleとして知られている脆弱性(「CVE-2020-10713」)の修正パッチによって、『Red Hat Enterprise Linux 7』と『Red Hat Enterprise Linux 8』が稼働する一部のシステムでリブートできなくなる可能性があり、修正には手作業での介入が必要となっているという問題について認識している。われわれは現在、この問題について調査しており、詳しい情報が分かり次第、提供していくつもりだ」

 Red Hatの従業員によると、修正パッチに対する修正がもうすぐ利用可能になるという。このため、まだパッチを適用していないのであれば、その適用を控えるのが得策だろう。既にパッチを適用し、問題を抱えていても、まもなく支援の手が差し伸べられるはずだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?

  2. セキュリティ

    SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件

  3. クラウドコンピューティング

    デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ

  4. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

  5. 仮想化

    Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]