編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「IBM分社のキンドリル」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

「Firefox 85」でスーパークッキー対策--「Flash」廃止も

Catalin Cimpanu (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-01-27 12:49

 Mozillaは米国時間1月26日、「Firefox 85」をStableチャネルにリリースした。このバージョンでは、「Adobe Flash Player」プラグインのサポートが削除されたほか、「スーパークッキー」に対するより総合的な保護が追加されたことでユーザーのプライバシーが向上している。

Firefox
提供:Mozilla

 Flashプラグインの削除は、MozillaがAdobe、AppleGoogleMicrosoftFacebookと足並みをそろえて業界全体でFlashの非推奨化とサポート終了を進める計画の一環として、2017年7月発表された内容の1つだ。

 サポート終了日は、AdobeがFlashに対するアップデートの提供を停止することに合意した日の翌日に当たる2020年12月31日だった。

 「Chrome」と「Edge」は、どちらも1月の初めに「Chrome 88」と「Edge 88」でFlashのサポートを停止している。

ネットワーク分割とスーパークッキー対策

 Firefox 85でFlashプラグインのサポートが停止されたことは大きなニュースだが、さらに重要なのは、このリリースで「ネットワーク分割機能」が導入されたことだろう。

 米ZDNetで2020年12月に報じたように、このネットワーク分割機能は、Firefoxのキャッシュをウェブサイト単位で分割することで実現されている。これは、ユーザーのサイトをまたいだ移動を追跡できなくするための技術的なソリューションだ。

 Mozillaは、この日投稿したブログ記事で、この新機能はFirefoxでのスーパークッキーの利用を事実上ブロックするものだと述べている。

 「スーパークッキーは、ユーザーのIDを保存する通常のクッキーの代わりに使用することができるが、通常のクッキーと比べてずっと削除したりブロックしたりすることが難しい」とMozillaは述べている。

 「長年の調査で、ユーザーの情報を追跡しようとするサイトが、FlashのストレージETagHSTSのフラグなどを含むブラウザーの分かりにくい部分に、スーパークッキーとしてユーザーのIDを保存している事例が増えていることが分かってきた。

 Firefox 85で行った変更は、キャッシュベースのスーパークッキーをサイトをまたいで利用できなくすることで、スーパークッキーの有効性を大幅に低下させるものだ」(Mozilla)

 Mozillaは、当初はFirefoxのキャッシュを分割することでウェブサイトのパフォーマンスが大きく低下すると予想していたが、組織内で行ったテストの結果、影響は最小限であることが分かったと述べている。

 Firefox 85の他の変更点や、セキュリティ関連の修正についてはMozillaページで説明されている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]