編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

AOKIホールディングスの少額短期保険会社、日立システムズの保険業務システムを導入

NO BUDGET

2021-02-04 11:19

 AOKIホールディングスが設立したダブルエー少額短期保険(ダブルエー少短)は、日立システムズの「Finnova保険・共済トータルサポートシステム」を保険業務システムとして採用した。日立システムズが発表した。

 少額短期保険とは、保険業法上の保険業のうち一定事業規模の範囲内において少額/短期の保険の引き受けのみを行う事業。従来の保険会社では対応が難しかったニッチなリスクに対応した商品開発や、少額/短期間という特徴を生かした細かい対応が評価されており、保険会社以外にもさまざまな事業者が積極的に新規参入しているという。

 この分野に参入した企業は、他社との差別化や顧客の潜在ニーズを掘り起こすために、独自のビジネスモデルを構築する傾向にあり、各社の細かい要望に合わせてオーダーメイドでシステム開発することになり、システム開発規模や開発期間が増大してしまうケースが多い。

 そのため、ダブルエー少短でも少額短期保険事業に不可欠な保険システムの開発に当たり、コスト、開発期間、品質が主な課題だった。

Finnova保険・共済トータルサポートシステムの概要(出典:日立システムズ)
Finnova保険・共済トータルサポートシステムの概要(出典:日立システムズ)

 Finnova 保険・共済トータルサポートシステムは、少額短期保険業界において約10年間にわたり、保険基幹システムの開発/運用/保守を一貫して提供してきた。そこで得た経験やノウハウを集結して構築した保険基幹システムを提供しており、少額短期保険の契約数シェアは約35%だという。

 日立システムズは、ダブルエー少短の基幹システムの運用/保守を支えていくほか、新商品や新サービス開発の際には、パッケージシステムの特徴であるテンプレートを活用したシステム変更や開発でコストやスピード面でも貢献していく。日立システムズでは同システムを積極的に提案し、2024年度までに売り上げ10億円を目指す。

 ダブルエー少短も、同システムは業務マニュアルや帳票のひな型が整っているとともに、システムエンジニアメンバーが少額短期保険の業務に精通していたと評価している。また、サンプルの提示や事例も連携されており、社内の意思決定をスムーズに行うことができ、開発スケジュールも予定通り進行できたとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  2. ビジネスアプリケーション

    経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説

  3. セキュリティ

    パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策

  4. 運用管理

    DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点

  5. セキュリティ

    サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]