Outlookでオンライン会議関連が強化--「Microsoft 365」更新動向【2101版】 - (page 2)

阿久津良和

2021-02-02 06:30

 興味深いのは、オンライン会議オプションは米国時間2020年1月7日にリリースしたビルド 13628.20030、会議の遅延や前倒し機能は同2020年12月7日リリースのビルド 13530.20064で実装した新機能だが、通常であればユーザーフィードバックなどを見ながら数カ月後にCurrent Channelに展開している。読者諸氏もお気付きの通り、両者ともコロナ禍に関する機能であることから、Microsoftは早期展開を選択したと察することができる。

macOS版を含むその他の更新

 バージョン16.45(ビルド 21011103)に更新したmacOS版だが、リリースノートによれば、WordやExcel、PowerPoint、Outlookが検出した機密コンテンツに基づいて、秘密度ラベルの推奨もしくは自動適用を行う機能を追加した。

 バージョン2.45.21010605に更新したiOS版は、音声コマンドの拡張やメールのライト/ダークモードの切り替え、メール作成時の単語提案をOutlookに追加。ただし、音声コマンドは米国内アカウントのみ利用でき、単語提案は日本語環境で確認できなかった。また、Wordも見出し間を移動する機能を追加している。

 バージョン16.0.13530.20130に更新したAndroid版は、Word、Excel、PowerPointを1セットにしたOfficeモバイルにおけるPDF作成や操作機能の拡大、Outlookには検索履歴やタブによる検索結果の提示、メールボックスの委任、推奨フィードなどの機能強化が加わった。

 ウェブ版はWordに罫線機能とルーラー機能の拡充、Excelのメモ追加やペン機能を強化している。なお、Excelはパフォーマンス強化を図っており、公式ブログによれば、ワークシートの読み込み速度を大幅に短縮し、スクロール速度やセル選択の速度も強化された。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]