フォード、グーグルを推奨クラウドプロバイダーに--車載システムに「Android」採用へ

Natalie Gagliordi (ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2021-02-02 12:14

 大手自動車メーカーのFordとGoogleが米国時間2月1日、戦略的なパートナーシップを発表した。Fordはデジタル変革における最新の取り組みとして、Google Cloudの人工知能(AI)や機械学習(ML)、データアナリティクスなどのテクノロジーを活用する。GoogleはFordの推奨クラウドプロバイダーとなり、Fordはデジタル変革やコネクテッドビークルシステムにGoogleのテクノロジーを採用する。

 6年にわたる提携の一環として、「Ford」車と「Lincoln」車は2023年以降、「Android」を搭載し、Googleのアプリやサービスが組み込まれるようになる。Fordによると、Androidの移行までは「Ford SYNC」インフォテイメントシステムの提供を続けるという。

 また両社は、パーソナライズされたコンシューマーエクスペリエンスの開発などにフォーカスした新たなコラボレーショングループ「Team Upshift」を立ち上げる。こうしたコンシューマーエクスペリエンスとしては、コネクテッドビークルからのデータに基づくオーナーへの特典提供や、小売店での新たな購入オプションの提示、リアルタイムでのメンテナンス推奨通知などが想定される。

 両社は、Fordの製品開発をモダナイズし、GoogleのAIを利用した作業員の訓練や組立ラインの検査を含む、製造とサプライチェーン戦略の強化でも協力していく。

 Google Cloudの最高経営責任者(CEO)Thomas Kurian氏は、両社のコラボレーションは「今までになかったタイプのもの」だとし、「Fordと自動車業界の双方を変革することを約束する」と述べた。

 Kurian氏は、ドライバー向けのサービスが現時点での最優先事項だとした上で、「Ford車にAndroidシステムを統合する複数の方法について、われわれはFordとともに取り組んでいる」と述べた。

 Fordは、パートナーシップを締結した大きな要因として、AIやML、データアナリティクス分野におけるGoogleのリードや、Android OSの堅牢性を強調した。

 Fordの戦略およびパートナーシップ担当バイスプレジデントDavid McClelland氏は、「この共創チームは、業界において真にユニークで特別なものとなる」とし、「当社のモダナイゼーションの取り組みの限界を押し広げる」とコメントした。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]