編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ

Box、電子署名のSignRequest買収を発表--「Box Sign」を今夏リリースへ

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 緒方亮 吉武稔夫 (ガリレオ)

2021-02-04 14:18

 Boxは米国時間2月3日、オランダの電子署名ソリューション企業SignRequestを買収すると発表した。5500万ドル(約57億8000万円)規模の買収となる。Boxは電子署名市場に参入しようしており、電子署名サービス「Box Sign」をリリースする予定だ。Box SignはSignRequestの技術をベースとして開発され、Boxにネイティブに組み込まれる。

Box Sign

 Boxの最高経営責任者(CEO)Aaron Levie氏は、同社は長い間、電子署名サービスの分野に関心を持っていたとしている。今回この市場に参入する「時が来た」とツイートした。

 今Boxがこの分野に意欲を見せているのは、ひとつにはリモートワークの拡大と、コロナ禍でエンタープライズのワークフローのオンラインへの移行が進んでいることが関係している。また、Boxはある種の過渡期のさなかにあり、オンラインファイルストレージ企業としての原点からさらなる進化を遂げ、エンタープライズ向けのコンテンツ管理のためのクラウドレイヤーを提供しようとしている。

 SignRequestの買収と電子署名サービスの立ち上げは、Boxの変化と成長戦略に直結し、より広範なコンテンツ管理プラットフォームを目指すという同社の野望を支える。

 Levie氏はブログで「SignRequestの買収と、この夏に予定しているBox Signのリリースによって、コンテンツのライフサイクル全体を単一のクラウドプラットフォームで完了できるよう顧客を支援していく」としている。「コンテンツに並外れた価値があることは疑いようがない。しかし、企業がその価値を実感するには、社内でも社外でもチームのコラボーレーションを強化するとともに、コンテンツのセキュリティとコンプライアンスを維持する、統合された単一のコンテンツレイヤーが必要だ。Boxのコンテンツクラウドは、コンテンツが作られたその時から、アップロード、共有、編集、公開、承認、署名、分類、保持まで、1つでコンテンツをすべて管理できるセキュアなプラットフォームを企業に提供する」

 Box Signはリリース時点でBoxのビジネスプランとエンタープライズプランに組み込まれ、データガバナンス、コンプライアンス、セキュリティの機能に統合される予定だ。また、Salesforceのコネクターなどを利用し、契約を素早く完了できるようになる。いずれ、多くの生産性アプリケーションや業務アプリケーションと統合されるという。

 SignRequestは、Box傘下の組織として新規の顧客と既存の顧客のサポートと運用を継続する。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  2. 経営

    ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説

  3. 経営

    問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備

  4. ビジネスアプリケーション

    緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策

  5. ビジネスアプリケーション

    たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]