編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

Box、電子署名のSignRequest買収を発表--「Box Sign」を今夏リリースへ

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 緒方亮 吉武稔夫 (ガリレオ)

2021-02-04 14:18

 Boxは米国時間2月3日、オランダの電子署名ソリューション企業SignRequestを買収すると発表した。5500万ドル(約57億8000万円)規模の買収となる。Boxは電子署名市場に参入しようしており、電子署名サービス「Box Sign」をリリースする予定だ。Box SignはSignRequestの技術をベースとして開発され、Boxにネイティブに組み込まれる。

Box Sign

 Boxの最高経営責任者(CEO)Aaron Levie氏は、同社は長い間、電子署名サービスの分野に関心を持っていたとしている。今回この市場に参入する「時が来た」とツイートした。

 今Boxがこの分野に意欲を見せているのは、ひとつにはリモートワークの拡大と、コロナ禍でエンタープライズのワークフローのオンラインへの移行が進んでいることが関係している。また、Boxはある種の過渡期のさなかにあり、オンラインファイルストレージ企業としての原点からさらなる進化を遂げ、エンタープライズ向けのコンテンツ管理のためのクラウドレイヤーを提供しようとしている。

 SignRequestの買収と電子署名サービスの立ち上げは、Boxの変化と成長戦略に直結し、より広範なコンテンツ管理プラットフォームを目指すという同社の野望を支える。

 Levie氏はブログで「SignRequestの買収と、この夏に予定しているBox Signのリリースによって、コンテンツのライフサイクル全体を単一のクラウドプラットフォームで完了できるよう顧客を支援していく」としている。「コンテンツに並外れた価値があることは疑いようがない。しかし、企業がその価値を実感するには、社内でも社外でもチームのコラボーレーションを強化するとともに、コンテンツのセキュリティとコンプライアンスを維持する、統合された単一のコンテンツレイヤーが必要だ。Boxのコンテンツクラウドは、コンテンツが作られたその時から、アップロード、共有、編集、公開、承認、署名、分類、保持まで、1つでコンテンツをすべて管理できるセキュアなプラットフォームを企業に提供する」

 Box Signはリリース時点でBoxのビジネスプランとエンタープライズプランに組み込まれ、データガバナンス、コンプライアンス、セキュリティの機能に統合される予定だ。また、Salesforceのコネクターなどを利用し、契約を素早く完了できるようになる。いずれ、多くの生産性アプリケーションや業務アプリケーションと統合されるという。

 SignRequestは、Box傘下の組織として新規の顧客と既存の顧客のサポートと運用を継続する。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]