編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ

日立、財務部門のDXを推進--出納業務の帳票の読み取り・照合を自動化

NO BUDGET

2021-03-10 16:03

 日立製作所は、自社のデジタル変革(DX)の一環として財務部門の出納業務に「帳票認識サービス」と「BRMS InnoRulesソリューション」を導入し、4月に運用を開始する。これらの導入により、年間25万件に及ぶ出納業務において、帳票データの読み取り・照合に掛かっていた作業時間を1万4500時間から7400時間に短縮することを見込んでいる。

導入イメージ
導入イメージ

 「帳票認識サービス」はAI-OCRエンジンによって高精度な文字認識が可能となる。定型・非定型帳票、活字や手書き文字、二次元コードなどさまざまな帳票や文字に対応し、財務部門が扱う請求書と社内申請書を合わせた約5000種類の帳票の読み取る。

 約4800種類の請求書と約200種類の社内申請書を帳票の種類によって分類し、読み取り位置が指定されたテンプレートを選択する。これにより「消費税額」「課税対象額」「口座名義人名」などを自動的に読み取ることが可能になる。また日立独自のアルゴリズムにより、AI-OCRの読み取り結果が正しいかどうかを「確信度」として数値化し、誤認識である可能性の高いデータを仕分けることができる。

 「BRMS InnoRulesソリューション」は柔軟な業務システム開発を支援するソリューション。業務関連規則(ビジネスルール)を業務アプリケーションと切り離して定義、管理、活用できる。顧客ニーズや環境の変化にも素早くに対応し、柔軟な変更処理等が可能となる。

 今回の導入で、財務担当者が社内規定に沿って判断してきた複雑な業務ロジックを財務システムに実装でき、読み取った請求書と社内申請書の自動照合が可能となる。今後、照合結果で不備と判定された申請内容のみを財務担当者が確認する運用となり、確認業務を大幅に効率化できる。

 また「BRMS InnoRulesソリューション」が提供するフローチャートや表形式などさまざまなテンプレートにより、複雑な業務ロジックをノンコーディングで実装することができるため、社内規定の改定により財務システムに実装した業務ロジックの変更が必要になった場合もスピーディーにシステム改修を行うことができる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]