PDF Report at ZDNET

米IT各社が注力する宇宙ビジネスへの対応

PDF Report@ZDNET

2021-04-12 07:00

 Elon Musk氏やAmazonのJeff Bezos氏が宇宙開発事業を手がけることが話題になる中、IBM、Microsoft、HPEなど米IT各社は着々と宇宙開発支援の体制を整えている。Microsoftは2020年10月20日に新事業「Azure Space」を発表。さまざまな宇宙関連事業や、人工衛星関連事業の接続性やコンピューティングをAzureの一環として提供する。

 一方で、宇宙開発では、宇宙ゴミ(スペースデブリ)の問題も勃発しており、米国、中国、ロシアとの間で、軍事作戦の中核となる人工衛星網を守るための争いも懸念されている。宇宙システムへの攻撃はサイバー空間にも及ぶなど、問題は拡大しつつある。

 宇宙産業の市場規模は、2040年代に1.1兆ドルに上るとも言われ、大きな注目を集めている。米IT企業を中心とした宇宙への取り組みについての記事を集めた。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]