編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

Windows向け「OneDrive」の64ビット版がパブリックプレビューに

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-04-12 10:12

 Microsoftがファイル同期アプリ「OneDrive」について、「Windows 10」向けの64ビット版をリリースした。現時点ではパブリックプレビュー版であり、一般提供の段階には達していない。Appleの「MacBook」向けには、OneDriveの64ビット版が以前から提供されている。

 大量のファイルを移動する必要があり、より高速な転送に対応するハードウェアを持つWindows 10ユーザーにとって、OneDriveの64ビット版は実用的な選択肢になるだろう。

 MicrosoftのAnkita Kirti氏は同社の公式ブログで、「大容量のファイルの使用を計画している場合や、大量のファイルがある場合、64ビット版のWindowsを搭載するコンピューターがある場合は、64ビット版が正しい選択だ」と述べた。

 「通常、64ビット版のWindowsを搭載するコンピューターでは、従来の32ビット版よりも多くのリソース(処理能力やメモリーなど)を利用できる。さらに、64ビットアプリケーションは32ビットアプリケーションよりも多くのメモリーにアクセスできる(最大1840万ペタバイト)」(Kirti氏)

 これまで、Windows 10デバイスには32ビット版のOneDriveがプリインストールされていた。一方、Appleの「macOS」搭載ノートブックで利用可能なOneDriveは64ビットアプリだけだ。Appleは、2018年にリリースされた「macOS High Sierra 10.13.4」で、macOSの64ビットへの移行を開始した。

 「これは、昔から非常に要望の多かった機能であり、われわれはパブリックプレビュー版の提供を開始できることをうれしく思う」(Kirti氏)

 ただし、「ARM64」デバイスでは今後も32ビット版のOneDriveを使い続ける必要があるとMicrosoftは説明した。MicrosoftウォッチャーのBrad Sams氏は、64ビット版のOneDriveは「AMD64」デバイス専用だと指摘している

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]