編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
海外コメンタリー

ヘルスケア業界におけるデータ、アナリティクス、機械学習、AIの今とこれから

George Anadiotis (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2021-04-28 06:30

 2020年に順調に発展し、成長した物事は数えるほどだ。人工知能(AI)分野はその1つであり、ヘルスケア業界もそうだ。Joe McKendrick氏が米ZDNetへの寄稿記事で最近記しているように、AIは同年に着実な成長を続け、その研究範囲も広がった。こうした状況はおそらく、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の危機の影響を受けてもいるだろう。またヘルスケア業界では、AIに対する大きな投資が見受けられた。

 そして最近、ヘルスケア業界におけるAIの採用に的を絞った新たな調査の結果が発表された。米ZDNetはこの結果と、ヘルスケア業界でのAI利用の状況に関して、調査を実施したGradient FlowのプリンシパルであるBen Lorica氏と、調査の依頼元であるJohn Snow Labsの最高技術責任者(CTO)であるDavid Talby氏に話を聞いた。

大きな飛躍--紙と鉛筆の世界から、AIの世界へ

 この調査はLorica氏と、AIの専門家であるPaco Nathan氏によって実施された。回答者は、49カ国にまたがっており合計373人となっている。そして、回答者の4分の1(27%)はテクニカルリーダーシップの役割を担う人々だ。以下では、主な結果とともに、Lorica氏とTalby氏の洞察を紹介する。

 2021年末までに配備しようと計画しているテクノロジーに関する設問では、ほぼ半数の回答者がデータ統合を挙げた。また、現在使用している、あるいは2021年末までに使用を開始する計画のあるテクノロジーとして、約3分の1の回答者が自然言語処理(NLP)やビジネスインテリジェンス(BI)を挙げた。

 この結果はわれわれにとって、少し困惑するものに感じられる。というのも、これまで何度も指摘してきているように、データ統合はアナリティクスや機械学習(ML)、AIの前提条件であるためだ。ヘルスケア業界の組織のうち、データ統合を実現しているのは半数にすぎないにもかかわらず、NLPやMLに取り組む計画を有しているということなのだろうか?

 Lorica氏はこの点について、数値に着目するよりも、優先順位に目を向けるべきなのではないかと述べた。つまり、回答者らは自らにとっての重要度でテクノロジーをランク付けした可能性があるということだ。同氏は、そういった意味でデータ統合がトップにくる、そしてNLPが2位にくるのも理にかなっていると付け加えた。これについてはTalby氏がさらに説明した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]