編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

パルスセキュア、VPN製品の脆弱性情報を公開

ZDNet Japan Staff

2021-04-21 14:35

 Pulse Secureは米国時間4月20日、VPN製品のPulse Connect Secure 9.0R3およびそれ以降のバージョンに存在する認証を迂回されてしまう脆弱性(CVE-2021-22893)の情報を公開した。セキュリティ企業のFireEyeは脆弱性を悪用する攻撃を確認したという。

 Pulse Secureによると、第三者が脆弱性を悪用した場合に、リモートで認証を迂回し任意のファイルを実行できるようになる。共通脆弱性評価システム(CVSS) バージョン3.1による脆弱性の影響度評価は「10(クリティカル)」に分類されている。

 同日時点で修正パッチは提供されておらず、Pulse Secureはこの脆弱性に関するアドバイザリーページで、脆弱性の影響を緩和するための「Workaround-2104.xml」ファイルを公開した。このファイルを適用することで、Windows File Share BrowserおよびPulse Secure Collaborationの機能が無効化される。ただし、Pulse Connect Secure 9.0R1~9.0R4.1もしくは9.1R1~9.1R2では、この緩和策のためのファイルが機能しないという。併せて侵害などの状況を確認できるツール「Pulse Connect Secure Integrity Tool」も公開している。

 FireEyeはブログで、直近になって今回の脆弱性や既知の脆弱性を悪用する政府機関や防衛、金融を狙ったサイバー攻撃に対応したことを明らかにした。同社によれば、Pulse Secureからの修正パッチの提供は5月上旬になるという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]