編集部からのお知らせ
新着! 記事まとめ集「銀行のITビジネス」
EDRの記事まとめダウンロードはこちら

AWSが新たなアプリケーション移行支援サービスを発表

Jonathan Greig (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-05-18 12:44

 Amazon Web Services(AWS)は、リフト&シフト方式でアプリケーションをAWSに移行するための新たなサービス「AWS Application Migration Service」を発表した。

 同社のプリンシパルデベロッパーアドボケイトであるChanny Yun氏は、米国時間5月17日に投稿されたブログ記事で、この新サービスは「物理インフラや仮想インフラ、クラウドインフラのソースサーバーを自動的に変換して、AWSでネイティブに実行できるようにすることで、時間がかかり、エラーが発生しやすい手動での作業プロセスを最小限に抑える」ものだと述べている。

 同社はこれまでにも、移行作業を支援するサービスとして「CloudEndure Migration」や「AWS SMS(Server Migration Service)」を提供しているが、Application Migration Serviceを使用すれば、アプリケーションやアーキテクチャー、移行するサーバーに一切変更を加えることなく、アプリケーションをAWSに移行することができるという。

 また同社は、「複数の移行ソリューションや特別なクラウド開発、アプリケーション固有のスキル」に費用をかけずに済むため、移行に伴う面倒やコストが減らすことができるとしている。

 Yun氏は、移行前に本番システムを停止させずにテストを行うことで、SAPやOracle、SQL Serverなどの重要なアプリケーションがAWSでも問題なく動作することを確認することができると述べている。

 このサービスは、米国、アジア太平洋地域、欧州の一部で提供が開始されている。

 AWSによれば、このサービスは90日間無料で利用できる。それ以降は、移行中やカットオーバー後にプロビジョニングされたAWSのインフラに応じて課金されることになる。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]