編集部からのお知らせ
新着・電子インボイスの記事まとめ
記事まとめDL:オンライン確認「eKYC」

AWS、「Amazon ECS Anywhere」の一般提供開始

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-05-28 10:03

 Amazon Web Services(AWS)は米国時間5月27日、「Amazon Elastic Container Service(ECS)Anywhere」の一般提供を開始した。これはフルマネージド型のコンテナーオーケストレーションサービスで、オンプレミスでコンテナーベースのアプリケーションを稼働させたい顧客を対象とする。AWSのAmazon ECSと同じツールを使用しているため、顧客はコンテナーを配備する場所に関わらず、単一のサービスを利用できる。

 AWSのAmazon ECSで使用されているものと同じAPI、クラスター管理、ワークロードのスケジューリング、モニタリング、デプロイのパイプラインを使用する。顧客が管理するインフラで使用できるほか、すべての「AWS Local Zones」とエッジロケーションなどでも、同じフルマネージド型のコンテナー管理ツールを利用できる。

 Amazon ECS Anywhereを使用するにあたり、初期費用やコミットメントは不要だ。顧客は、稼働させるコンテナーインスタンスに対してのみ課金される。

 AWSは、2020年の年次カンファレンス「re:Invent」で初めて、ECS Anywhereを披露した。また同時に、コンテナーベースのアプリケーションやサーバーレスアプリケーションのデプロイなどを自動化する新サービス「AWS Proton」も発表した。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]