編集部からのお知らせ
EDRの記事まとめダウンロードはこちら
電子契約の記事まとめDLはこちら

凸版印刷、DXの推進基盤に「SAP S/4HANA」を採用

藤本和彦 (編集部)

2021-06-03 07:00

 凸版印刷は、デジタル変革(DX)の推進基盤として「SAP S/4HANA」「SAP HANA Enterprise Cloud」「SAP Business Technology Platform」を採用した。SAPジャパンが6月2日に開催した報道機関向けのオンライン説明会で発表した。

 凸版印刷は、2021年度から3カ年の中期経営計画の基本方針として「Digital & Sustainable Transformation」を掲げている。その中の重点施策の1つとしてDXを軸に自社競争力のさらなる強化を図るべくシステム基盤のモダナイゼーションを推進。グループ会社の経営情報をクラウド上で一元管理することにより、データドリブン経営の実現を目指して、5年間で200億円規模のシステム投資を計画している。

 同社では、DX事業全般を「Erhoeht-X(エルヘートクロス)」と名付け、デジタル技術と高度なオペレーションノウハウを掛け合わせ、データ活用を機軸としたハイブリッドなDX事業を展開している。

 SAP S/4HANA、SAP HANA Enterprise Cloud、SAP Business Technology Platformを選定した理由について、凸版印刷 執行役員 デジタルイノベーション本部長 兼 DXデザイン事業部 副事業部長の伊藤隆司氏は会見で「堅牢で安定した基盤」「グローバルスタンダードの仕組み」「滋養変化に柔軟に対応する拡張性」を挙げた。

キャプション

 また、Sustainable Transformation(SX)の領域では、サステナビリティ―経営を掲げるSAPジャパンとともに、凸版印刷も「TOPPAN Business Action for SDGs」の策定およびESG投資指標の構成銘柄に選定されている点から、両社で持続可能な社会の実現に向けて、共同で取り組みを進めていくとしている。

 今後、凸版印刷では経営効果の最大化を狙い、KPI(重要業績評価指標)の整備、全体最適を前提とした制度改革や業務の可視化を行っていく。また、最新技術を適用できる仕組みを構築することにより、さらなるDXを推進していく予定という。

凸版印刷 執行役員 デジタルイノベーション本部長 兼 DXデザイン事業部 副事業部長の伊藤隆司氏
凸版印刷 執行役員 デジタルイノベーション本部長 兼 DXデザイン事業部 副事業部長の伊藤隆司氏

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]