編集部からのお知らせ
新着! 記事まとめ集「銀行のITビジネス」
EDRの記事まとめダウンロードはこちら
海外コメンタリー

サイバーセキュリティ、「隠さない文化」の醸成が重要

Danny Palmer (ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2021-06-09 06:30

 サイバーセキュリティを最も円滑に機能させるには、何らかの過ちを犯したとしても、自社の情報セキュリティチームは理解を示してくれるという点を従業員に納得してもらっておくことだ。というのも、従業員のうちの誰かがフィッシングのリンクをクリックしてしまったり、サイバー攻撃を許してしまったかもしれないと思った場合でも、そのことを隠そうとしなくなるためだ。そしてこれは、悪意あるハッカーたちに対する防御を組織全体で維持する上で役に立つ。

 犯罪者らはユーザー名とパスワードを手に入れようとして、あるいはマルウェアやランサムウェアの足掛かりを得ようとして、フィッシングを含むさまざまな手法を駆使してネットワークに侵入しようとするため、組織は日常的にサイバー脅威にさらされている。

 サイバー防御の本質は、攻撃者にとって必要なのは突破口を見つけるための1度の成功のみだというところにある。こうした突破口はしばしば、従業員がうっかりフィッシングメールにひっかかることで開かれ、チェックや検出がなされないまま放置されてしまうと、組織全体に著しい影響が及ぶ可能性もある。

 このため組織は従業員の心情を理解し、彼らがフィッシング攻撃や、その他の悪意あるアクティビティーを許してしまったかもしれないと思った場合、情報セキュリティチームに連絡するよう周知しておくべきだ。

 Kaspersky Labの主席セキュリティ研究者であるDavid Emm氏は米ZDNetのSecurity Updateに、「最も避けなければならないのは、従業員が職場にいるのか、自宅で働いているのかに関係なく、インシデントや過ちを隠蔽(いんぺい)するような文化を作ってしまうことだ」と語った。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]