編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

エンタープライズAIのC3.ai、データクラウドのSnowflakeと提携

Tiernan Ray (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-06-11 11:03

 大企業向けに人工知能(AI)ソフトを提供するC3.aiは米国時間6月9日、データ分析を手がける新興企業のSnowflakeと提携すると発表した。Snowflakeは、データウェアハウス(DWH)やデータ管理などの製品をクラウドサービスで提供している。

 両社は、顧客企業によるAIアプリの開発から本番導入までを1カ月で完了できるようにしたい考えだ。具体的には、この提携を通じて、Snowflakeのユーザーに「『C3 AI Suite』や、さまざまな業界とエンタープライズAIの使用事例に対応した、構築済みのC3 AIアプリケーションを提供する」としている。

 C3.ai 最高製品責任者のHouman Behzadi氏は、「Snowflakeの顧客に多大な時間と業務の効率化をもたらし、SnowflakeがエンタープライズAIアプリケーションの運用データプラットフォームとして、確固たる選択肢になる」と述べた。

 Snowflake 製品担当シニアバイスプレジデントのChristian Kleinerman氏は、協業によって「複雑なAIと機械学習の使用事例を短期間で開発して導入できるようになる」とコメントし、「C3 AI SuiteとC3 AIのエンタープライズグレードの構築済みモデルは、エンタープライズAIアプリケーションの開発を大幅に迅速化/簡素化できるだろう」と付け加えた。

 C3.aiは、2009年にシリコンバレーで創業し、2020年12月に上場した。油田サービス会社のBaker Hughesと緊密な関係にあり、同社1社に大きく依存していた。C3.aiが抱える顧客はまだ少なく、4月締めの四半期時点で合計89社となっている。

 C3.aiの創業者で最高経営責任者(CEO)のTom Siebel氏は、6月3日の電話会議でアナリストに対し、市場でのプレゼンスを強化すべく、提携関係の拡大に努めていると語った。

 「当社は、製品と技術のリーダーシップを強化し、パートナーエコシステムと関連する販売能力を拡大できるように、積極的な投資を行っている」(同氏)

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]