マイクロソフト、アドビ、C3.aiがエンタープライズCRMプラットフォームで連携

Natalie Gagliordi (ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2020-10-27 11:33

 C3.aiとMicrosoft、Adobeの3社は米国時間10月26日、新たなエンタープライズ向け顧客関係管理(CRM)システム「C3 AI CRM」の立ち上げを発表した。C3 AI CRMは業界に特化したプラットフォームであり、企業はこれを利用することで、顧客データをリアルタイムのプロファイルに統合し、クロスチャネルのジャーニーオーケストレーションを実現できるようになる。

 この製品は「Open Data Initiative」(ODI)の共通データモデルを活用する。「Adobe Experience Cloud」と「C3 AI Suite」「Microsoft Dynamics 365」を組み合わせたサービスとなる。データを統合し、収益のサプライチェーン全体を通じたリアルタイムの予測的洞察を推進していくことを目的としていると3社は説明した。

 このプラットフォームは、金融サービスやヘルスケア、通信、石油/ガス、製造、ユーティリティー(電力)、航空宇宙、自動車、公共、防衛、情報といった業界向けにあらかじめビルド、設定される。

 Microsoftの最高経営責任者(CEO)Satya Nadella氏は、「2020年は、デジタル技術で強化された企業が、われわれが経験しているような劇的な変化に直面した際に、よりレジリエントで、変革力があることが明確になっている」とし、「われわれはC3.ai、Adobeとともに、『Dynamics 365』を利用した、新しいクラスの業界別のAIソリューションを市場に出し、組織が事業全体で業務をデジタル化し、リアルタイムのインサイトを引き出せるようにしている」と述べている。

 C3.aiは、これまでにも同様の主旨で数々の企業と提携してきた。3月にはMicrosoftと提携し、企業と政府のデジタル変革を推進することにフォーカスした新しい研究コンソーシアム立ち上げた。また同時期に、IBM Servicesとの戦略的アライアンスを発表し、IBMがC3.aiプラットフォームの推奨グローバルシステムインテグレーターとなることを明らかにした。このアライアンスは、「エンタープライズスケールの業界特有、領域特有のAIアプリケーションの提供を急速に進展させる」狙いがあると両社は説明した。

 2019年には、Baker Hughesとジョイントベンチャーのパートナーシップを組み、C3.aiのプラットフォームとアプリケーションを、業界や技術の専門性とともに、共同で石油・ガス業界に提供すると発表している。さらに2018年には、Microsoftとの戦略的提携を発表し、「Azure」を推奨パブリッククラウドプラットフォームとして利用するとしていた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]