編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」
海外コメンタリー

4年で売上高倍増目指すセールスフォース、「Customer 360 Truth」の可能性

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2019-11-29 06:30

 Salesforceは長年にわたって、同社のクラウドサービスを中心として発展したエコシステムを売りにしてきた。しかし「Dreamforce 2019」での同社は、新しい仕事やワークフローの創出を後押しするだけでなく、既存のビジネスバリューを同社の周囲に集めようとしているという印象を与えた。

 Salesforceの最高経営責任者(CEO)Marc Benioff氏は、基調講演で「私たちはコミュニティとして、すべてのパートナーを引き込もうとしている」と語った。同氏はこの話をするとき、Salesforceを中心として、その周囲に大手IT企業(具体的には、Microsoft、Apple、AWS、Google、IBM、HPE、Cisco、Dell、Alibaba)の名前を配置したスライドを示した。

Salesforceとその主なパートナー

 「わが社はあらゆる大手IT企業とパートナーシップを結んでおり、関係性を築こうとしている」と同氏は言う。「わが社は、顧客がSalesforce以外の技術を使っていることを知っているし、どんな企業とも協力していくと約束する。私たちはパートナーの間に境界を作らない。(中略)1つのコミュニティとしてサービスを提供していく」

 あらゆる企業と協力するというのは言いすぎかもしれない。実際、Salesforceの共同CEOであるKeith Block氏は、サンフランシスコの野球場である「Oracle Park」で開催されたDreamforceのイベントの1つに言及する際、「Oracle」という名前に触れさえせず、「以前AT&T Parkと呼ばれていた球場」で開催されるとしか言わなかった。

 それでも、G2のアプリケーション調査担当バイスプレジデントRobert Mahowald氏は米ZDNetに対し、次のように述べている。「Salesforceは今や売上高170億ドル規模の企業で、多くの業界で強い求心力を持っており、Macy'sやShellなどをはじめとする多くの大手企業を顧客に抱えているため、あらゆるテクノロジーを結びつける原動力になり得る。これは同社以外のテクノロジーも含めての話だ」

売上高の推移予想

 2020会計年度に約170億ドル(約1兆8600億円)規模の売上高を上げる見通しである同社は、アナリスト向けのセッションで、2024年の売上高をその倍の340億ドル~350億ドルまで伸ばすと予定だと述べている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]