編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」
海外コメンタリー

マイクロソフト、アドビ、SAPによる「Open Data Initiative」の今後は?

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2019-11-25 06:30

 Microsoftは1年前の開発者向け年次カンファレンス「Ignite 2018」で、AdobeおよびSAPとの提携による「Open Data Initiative」(ODI)の立ち上げを大々的にアピールした。しかし「Ignite 2019」ではODIにほとんど触れなかった。ODIが1年前のカンファレンスにおける目玉発表の1つだったことを考えると、筆者は驚きを禁じ得なかった。

Open Data Initiative
提供:Microsoft

 この点について、MicrosoftのPower Platformマーケティング担当シニアディレクターであり、ODIに関するすべての側面に深く関わった人物の1人であるRichard Riley氏に尋ねる機会を得た。11月に開催されたIgniteの場で1対1のミーティングに応じてくれたRiley氏は、ODIが問題を抱えているわけではなく、今は舞台裏で多くのものごとが起こっている時期なのだと答えた。

 MicrosoftとAdobe、SAPは2018年秋にODIの立ち上げを発表した。ODIは、CRMやERP、コマース、セールス、製品利用状況をはじめとするデータを、デバイスを横断したかたちで機能する単一のデータビューで統合できるようにすることで、企業が「あらためて顧客エクスペリエンスの管理を考える」(つまりCRM)手段として提案された。そして2019年3月、Microsoftは「ODI Partner Advisory Council」を通じて参加する12社を発表した。また、HPもODIの立ち上げ時から(貢献者ではなく顧客として)関心を表明している。

 では、今後は何が起こるのだろうか?

 Riley氏は「われわれは、顧客向けの技術的なロードマップを作成しているところだ」と述べた。

 同氏によると、ODIの中核チームは11月末までに、ODIのプライベートプレビュープログラムに参加しているパートナーと技術的資産を共有できるようにする計画だという。また、MicrosoftがAdobeやSAPとともに構築しているデータモデル仕様の草案を利用可能にするほか、SDKの提供によって、同チームが構築中の抽象レイヤーとのやり取りを可能にするという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]